home > デラシネ通信について > 新聞・雑誌等の掲載記事

大島幹雄 新聞・雑誌等の掲載記事

新聞や雑誌などに掲載された大島幹雄関連の記事(書いた記事/取り上げられた記事)です。

紙誌名 号・日付等 タイトル 内  容
「かまくら春秋」 2017年5月号 こころにひかる物語
「ぼんぼり祭と娘の結婚」
サーカスでもなく、漂流民でもない、娘の結婚を知ったおやじがあたふたした話を、自分の恥ずかしいエピソードを交えながら書いたエッセイです。『かまくら春秋』2017年5月号
東海教育研究所
『望星』
2017年4月号 望星インタビュー大島幹雄さん「国境なきサーカス団」 私のインタビュー記事。
古くからの友人のノンフィクション作家山川徹さんを相手に、サーカスの呼び屋人生を振り返っています。『望星』2017年4月号
平凡社「こころ」

34号(

2016年12月)

エッセイ「加藤九祚さんと石巻」 2016年9月12日、発掘調査で訪れたウズベキスタンで亡くなった加藤九祚氏(享年94歳)の追悼文平凡社「こころ」34号
日本とユーラシア
(日本ユーラシア協会)
第1474号 書評『異郷に生きるⅣ―来日ロシア人の足跡』
「ロシア人との豊かな関係綴る」
「日本とユーラシア」1474号書評
朝日新聞
神奈川県版
2016.11.17
朝刊
「日本初の世界一周」舞台に
希望の歴史物語 石巻にエール
大島の小説「我にナジェージダ(希望)あり」を原作とした公演「若宮丸漂流物語」(2016年11月26日)の紹介記事。
週刊朝日 2016年7月8日号
(2016年6月28日発売)
最後の読書
「思い出を味わいながら」大島幹雄
週刊朝日2016年7月8日号 PDF「人生の最後に読みたい本」をめぐるエッセイ。
石巻かほく 2012.11.25 ディスカッション「慶長使節の偉業と国際感覚」
慶長使節400年記念シンポジウム
石巻かほく2012.11.25 PDF11月3日に開催されたシンポジウムの記事、その3。
石巻日日新聞 2012.11.12 支倉常長の功績たたえる
慶長使節400年記念シンポジウム
石巻日日新聞2012.11.12 PDF11月3日に開催されたシンポジウムの記事、その2。
石巻かほく 2012.11.04 支倉常長は真の国際人
慶長使節400年記念シンポジウム
石巻かほく2012.11.04 PDF11月3日に開催されたシンポジウムの記事。大島はディスカッション「慶長使節の偉業と国際感覚」のパネリストとして参加。
石巻日日新聞

2012.10.17

2012.10.18

「我にナジェージダあり―石巻若宮丸漂流物語」豆知識

「ウォッカ談義」

石巻日日新聞2012.10.17-18 PDF連載中の「石巻若宮丸漂流民物語」の番外編として時々書いている「豆知識」コーナー。
大島幹雄「満洲浪漫-長谷川濬が見た夢」の書評はこちら
神戸新聞ほか 2012.10.14

著者に聞く

「満洲浪漫」大島幹雄

神戸新聞2012.10.14 PDF共同通信から配信された著者インタビュー記事。

(→「満洲浪漫」紹介ページ

石巻日日新聞 2012.09.19 「私と若宮丸漂流民」 石巻日日新聞2012.06.28 PDFまだまだ連載中の「石巻若宮丸漂流民物語」。漂流民たちとの不思議な縁を書き下ろした記事。
石巻日日新聞 2012.6.28 「暖流寒流」
「石巻若宮丸漂流民物語」好評連載中
石巻日日新聞2012.06.28 PDF連載中の「石巻若宮丸漂流民物語」のこれまでのあらすじと作者大島の思いを紹介した記事。
石巻日日新聞 2012.03.31 小説「石巻若宮丸漂流ものがたり
本紙増ページに伴い4月2日スタート
4月2日より連載を開始する大島幹雄初の連載小説「石巻若宮丸漂流ものがたり」の予告と、著者のコメント・プロフィール。
電子版の購読方法はこちら
日本とユーラシア
(日本ユーラシア協会)
1418号
(2012.03.15)
【書評】桑野隆「バフチン―カーニヴァル・対話・笑い―」 書評
神戸新聞
(共同配信)
2011.12.08 津波に耐えた石巻の土蔵
震災シンボル、民間基金で残す
共同新聞2011.12.08 PDF石巻震災土蔵メモリアル基金と、その中間報告会について書いた記事。
日本経済新聞 2011.12.07 海外驚かせた離れ業
100年前のロシアで活躍したサーカス芸人を追う
日経新聞2011.12.07 PDFタカシマ、カマキチ、シマダ、イシヤマなど、幕末から明治にかけて海を渡ったサーカス芸人たちを紹介した記事。
仙台学
(荒蝦夷)
Vol.11
(2011.4月)
地震・サーカス・漂流民 仙台学Vol.11 PDF東日本大震災特集
中国新聞
(共同配信)
2011.02.20 【書評】小山騰「日本の刺青と英国王室」 書評